岡山の風俗求人で稼ぎたい人が抑えておくべきポイント

バニーガール

岡山の風俗求人の面接でキャリアを伝えよう

薔薇風呂

デリヘルの仕事を始める場合、採用する前にお店の人と面接をすることが普通です。その面接を受ける際に伝えておくと待遇がよくなるかもしれない点がひとつあります。それはデリヘルの勤務経験・キャリアについてです。お店側から聞かれる場合もありますが、聞かれなければこちらからPRしておいたほうがよいでしょう。
面接の時点では、その女性がどの程度デリヘルに向いていて売り上げをあげてくれるのかわからないため、給料やバックマージンの割合なども、最初はあらかじめ決められた標準にすることが多いです。
しかし、もしも以前もデリヘル嬢として働いていて、そのときの指名客の人数や勤続年数が長く経験が豊富だということがわかれば、お店としても優秀なデリヘル嬢は大事にするため、少しバックマージンの割合などをデリヘル嬢側に有利にしてくれる場合もあります。ただし、「何でやめたのか」、「以前のお店でトラブルはなかったのか」とお店側が心配になると良くない結果になるかもしれませんので、以前のお店をなぜやめたのかなどもはっきりと伝えておくようにしたほうがよいでしょう。
キャリアは別にデリヘルだけに限りません。ホテヘルやファッションヘルスであったり、ソープランドであっても風俗全般のキャリアならば評価をしてもらえるでしょう。風俗で働いた経験のある方は勤続年数や優秀さをアピールすれば、面接をしているお店側の印象は良くなることが多いです。